LOG IN

比翼

by Satomi

大河ドラマ おんな城主直虎の『小野但馬守政次』クラスタの私、以前も書きましたが、20日第3回「嫌われ政次の一生」でその政次が最期を迎えたのですが、空虚感は否めないけど気分はスッキリしてますなんて書いたけど、大嘘でしたわ。いまだに政次ロスで苦しいですわ。
そんな中、Tちゃんのお母様から頂いたのが薔薇の鶴。

薔薇の鶴を見て。もうねぇ政次を思い出しちゃいました。
政次の幼名が鶴(鶴丸)だし、政次(但馬守)はいつも黒を基本にダークな着物を着てたので、この薔薇の鶴が政次にしか見えない! そしてそーしてー薔薇の部分が政次の美しい所作を表してるぅ!
と、政次クラスタの私は思うのです。

南渓和尚が「翼が一枚で鳥は飛べぬ...」って言ってるシーンがあり、『比翼の鳥』の政次と直虎。 
薔薇の2羽の鶴が比翼の鳥に見えた、政次ロス重症の独り言でした。

それにしても薔薇の鶴を折られるなんてスゴイですね! 薔薇の鶴以外にも和傘

それも開く!

そしてミニチュワの本と本棚♪

と、どれもとても手の込んだ作品! そして何年も前に頂いたヤモリも

興味津々の子供たちの手にかかりながらも、今も現役で家守として活躍をしてくれてます。
Tちゃんのお母様~♪ ありがとうございました! 大事にします♪


Satomi
OTHER SNAPS